フリマアプリと業者に売るのはどっちがオトク?

使わなくなった制服を売ってお小遣いにしたい。
という方はどんどん増えているみたいです。

中古制服を買取ってもらう場合、基本的に古着屋さんに売却することになります。
ただ、中古制服は少し特殊な品物になるので、買い取ってくれる古着屋さんは限られています。

最近はフリマアプリを使って売られる方も増えているそうです。

フリマアプリと買取業者のどちらで売るのがオトクなのでしょう?

フリマアプリのメリットとデメリット

結論から言ってしまうと、フリマアプリで売るのはギャンブルです。
相場よりも高く売れるケースもあるようですが、面倒なことも多いようです。

その1:そもそも売れないことが多い
特長のある珍しい制服は売れ行きが良いそうですが、あまり特長のない制服は売れにくいそうです。
出品して数日以内に売れない場合は、その後も売れることはないようです。

その2:いたずら、価格交渉が面倒
実は買う気のない人からの質問が続いたり、何度も値下げ要求されて、下げてあげたのに結局スルーされた。
オマケを要求された。と交渉がとにかく面倒です。

その3:出品取り消しされる
フリマアプリの運営会社は中古制服が出品されることを良く思っていないようです。
出品した直後に消されてしまった。というケースが増えています。

フリマアプリのメリットは「高く売れる可能性がある」ということですが、
実際には、相場とかけ離れた価格での出品になって結局売れない。というのがほとんどです。